竹の響き ~伝統から創造~

今日に至る尺八音楽が後世へと受け継がれてゆく過程の中で、
その時を担った作曲者や音楽家たちが、尺八の特徴を駆使した創作した作品に焦点を絞り、尺八の長短管によるアンサンブルや、津軽三味線とのセッション、コンピュータとの対峙により、気迫溢れる演奏と舞台を企画いたしました。

日時 平成19年6月9(土) 開演 午後6時00分
会場 【名古屋市】守山文化小劇場
出演 神谷茂良、水野みか子、岡野憲右
野村峰山と都山流尺八峰山会
入場料 前売2,500円(当日3,000円)
主催 都山流尺八峰山会、名古屋市文化振興事業団

プログラム

(1)都山流尺八本曲「岩清水」
都山流尺八楽を創始した流祖中尾都山の密曲
(2)三本の尺八のための「ソネット」
大島渚監督作品の映画「愛のコリーダ」に挿入された三木稔の作品
(3)尺八三重奏「風動」
青木鈴慕・山本邦山・横山勝也氏による「尺八三本会」が尺八界を
一世風靡した杵屋正邦の作品
(4)尺八とコンピュータによる「白い橋の上で」
人間とコンピュータとの対峙による音楽の創造、水野みか子の作品
(5)津軽三味線とのコンチェルト「津軽風土記」
津軽三味線と尺八合奏群による野村峰山の新作初演
(6)独奏尺八と合奏群による「竹の群像」
尺八の全てを知り尽くした人間国宝、山本邦山作品

チラシのダウンロードはこちら

箏・尺八《錦の秋コンサート》

私たちは、日本の伝統楽器の中でも、親しみやすい箏や尺八を通し、その音色に魅せられ、日本の音楽を楽しんでいるグループです。
静岡県森林公園・福井県三方五湖にて小さなコンサートを開催したところ、聴きに来られた地元の皆様に大変喜んでいただきました。
今回は、当地での研修合宿を兼ね、その成果を未熟ながら発表しようと「箏・尺八 錦の秋コンサート」を企画いたしました。
この「すいとぴあ江南」多目的ホールにて会場いっぱいに響きわたる箏・尺八の音色を楽しんでいただけることと思います。
どうぞ、気軽にお越しくださいませ、一同お待ちいたしております。

日時 2006年10月15日(日)10:30開演
会場 すいとぴあ江南 「多目的ホール」
江南市草井町西200番地 電話0587-53-5111
江南駅西から「いこまいCAR」にて15分200円
出演 野村峰山と峰山会/野村祐子と正絃社合奏団・有志
野村峰山プロフィール:文化庁芸術祭賞・愛知県芸術文化選奨受賞 野村祐子プロフィール:名古屋市民芸術祭賞・芸術奨励賞受賞
プログラム 「錦秋」雅やかな日本の秋を 「月に寄せる日本のうた」荒城の月・朧月夜・うさぎ
十五夜お月さん・宵待草・月の砂漠 炭坑節をメドレーで
「千鳥の曲」名古屋の生んだ吉沢検校の古今組から
「水と踊りの街~郡上~」かわさき・三百・春駒を箏・尺八・三味線の旋律にのせて
「からくり花舞台」踊るからくり人形の印象を
※「お楽しみ・ポピュラーメドレー」
「信濃の抒情」伊那節・小諸馬子唄・木曽節を組曲風に
プレゼント ご来場者の方先着100名様 に飲物等サービス!
入場料 無料
主催 都山流尺八峰山会
協力 すいとぴあ江南・箏曲正絃社
お問い合わせ 052-241-2114 野村 

image009  image007

チラシのダウンロードはこちら

第8回峰山会演奏会のお知らせ

日時 2004年(平成16年)7月25日(日) 午後1時30分開演
会場 【名古屋】芸術創造センター
出演 野村峰山と峰山会
客演 (尺八)川村泰山、難波竹山、永廣孝山
(語り)太田陽子、白浜洋介
(挿絵デザイン)松岡真由美
(筝)野村祐子と正絃社合奏団
プログラム 第1部 「鶴の巣篭」ほか 
第2部 尺八体験 
第3部 語りと邦楽 宮沢賢治作「かえるのゴム靴」
プレゼント 500名に合成樹脂尺八「なる八くん」プレゼント
入場料 高校生以下1,500円(前売り1,000円)
一般3,500円(前売り3,000円)
チケット取り扱い チケットぴあ・峰山会事務局(販売日6月1日)

 pamphlet

チラシのダウンロードはこちら


pdf名古屋タイムズ5月27日(木)掲載記事はこちら143.47 KB

pdf中日新聞6月10日(木)掲載記事はこちら107.18 KB

pdf名古屋タイムズ7月27日(火)掲載記事はこちら71.11 KB

写真集はこちら(画像データなし)