「一管に日本の心を求めつづける」

野村峰山プロフィール

野村峰山

1957年三重県に生まれる。
父の手ほどきで尺八を学び、のち人間国宝・山本邦山に師事。都山流尺八准師範検定試験、師範検定試験ともに首席登第。
1975年、都山流創立70周年を記念・第1回都山流尺八本曲コンクール全国大会にて金賞受賞。NHK邦楽技能者育成会を卒業。以後尺八演奏家を目指す。尺八ソロリサイタルや(箏)野村祐子とともにジョイントリサイタル、尺八「1979」、峰山会「竹の響き」コンサートの開催、邦楽室内楽「新しい風」のメンバー。洋楽系では、小松長生指揮・セントラル愛知交響楽団とノヴェンバー・ステップス、ヴィバルディ「四季」を演奏。名古屋フィルハーモニー、原信夫とシャープ&フラッツ、山下洋輔氏、第10師団陸上自衛隊音楽隊、愛知県警察音楽隊などの共演。
海外演奏では、アメリカ建国200年記念、姉妹都市ロサンゼルスをはじめ、ポーランド、オーストラリア、中国、西ドイツ、台北、シンガポール、内蒙古・フフホト、2008年世界尺八フェスティバル(シドニー)にて招待演奏。
また、作曲、レコーディング、NHKTVドラマ演技指導や放送などで活躍。1999年4月、ビクター伝統文化財団より「邦楽演奏家BEST TAKE」シリーズとして「野村峰山作品集」を発刊以来「かえるのゴム靴」2枚組や「Hozan Quartett尺八七変化」CDを発刊、以後続編制作に取組中。

受賞歴

「野村峰山尺八リサイタル」の成果に対して平成6年度文化庁芸術祭賞をはじめ、愛知県芸術文化選奨文化賞、文部大臣奨励賞、名古屋市民芸術祭審査員特別賞、平成26年度文化庁芸術祭賞レコード部門優秀賞受賞などを受賞。

現在

東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻非常勤講師、愛知県立芸術大学非常勤講師、都山流尺八竹琳軒大師範、副道場長、検定委員、日本三曲協会会員、現代邦楽作曲家連盟会員、山本邦山尺八合奏団員、愛知芸術文化協会会員、峰山会主宰